2009年05月17日

「ムード歌謡〜歌姫昭和名曲集」中森明菜

村田です。

お待たせいたしました。

ようやく情報解禁です。

中森明菜さんのカバーアルバムが来月発売です。

全曲のサウンドプロデュース&アレンジを担当しました。

全曲とも自分の少年期に流行った曲です。

そして、その中の1曲を4BoneLinesをメインにしてアレンジ&レコーディングしました。

我々4人とギター、コントラバスという編成です。

曲は「面影」という僕が小学校の頃放映していた「Gメン75」という番組のテーマ曲にもなった曲です。

当時、この曲が大好きでドーナツ盤(アナログシングル盤)を小遣いで買ったのをよく覚えてます。

とにかく、この曲は全編4本のトロンボーンがフューチャーされてますので4BLのお好きな方は是非。。。

posted by 4BL at 00:18| 東京 ☀| Comment(8) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ようやく解禁ですね。録音した時の残像が消えかかっていましたよ(笑)。

発売が楽しみです。
Posted by 古賀慎治 at 2009年05月17日 02:14
http://www.universal-music.co.jp/akina/

曲目を見てびっくりしました。どんなふうなのか?聴いてみるまで分からないので、ドキドキです。村田陽一さんのオリジナル、こちらも楽しみです。

4BLの音色と楽曲と歌…待ち遠しいです。
Posted by あうあ at 2009年05月17日 23:34
>古賀君
大人の事情でここまで発売を待っていたのです。
確かに同じ内容のものでも発売のタイミングで売り上げが大きく変わってきましから。

>あうあさん
楽しみにお待ちください。
さすがに中森明菜さんのCDとなれば、全国の普通のCDショップで買えると思います。
Posted by 村田陽一 at 2009年05月17日 23:38
村田さん、初めまして。
本当にずーーーっと待っていました!!!
村田さんのブログで「中森明菜」の名前を見つけたときは嬉しくて嬉しくて。以前からまたご一緒して頂きたかった方だったので嬉しさ倍増でした!でも、大人の事情ですぐに名前を消されていましたね?あの時はこちらが申し訳なく思いました。いろいろとあるんだろうなぁ〜と。

思い切って質問しちゃいます!
収録曲が13曲と見たときは思わず何度も見返してしまいました。村田さんのブログには確か15曲と書いてあったと思うのですが。
これから聴ける希望はないのでしょうか?録音したのなら全て聴いてみたいので・・・。やっぱり大人の事情ですか?

それから、歌入れのときはご一緒じゃなかったようで心配でした。「立ち会ってくださればいいのに〜っ」て心で叫びましたよ〜。
以前、明菜さんの歌唱法について、提供してくださった方の旦那様に何年も経って否定されたことがあり、すごくすごく落ち込んだことがあったので。。。文句があるなら後で言わずにそのときに言ってほしかったので。
明菜さんの歌唱法はどうでしたか?大丈夫でしたか?反響が楽しみとあったので物凄く期待しています。

明菜さんはカバーは嫌だと思いますが私はまだまだ聴きたい曲がたくさんあります。ジャズ・シャンソン・ロック・デュエット。特に福山さんとのデュエット(村田さんアレンジで)が以前からの夢です。どうにかなりませんか?(笑)
長々と失礼しました。明菜さんのことになると熱くなってしまってすみませんでした。
今までも素晴らしいアレンジをありがとうございました。今回も依頼を受けてくださってありがとうございました。これからも何かと大変だと思いますが私たちの明菜さんのことを宜しくお願い致します。

Posted by せなり at 2009年05月18日 02:02
買いました。聴きました。(^^)

「面影」は、原曲を聴いた頃も、子供ながらに切ないと思っていましたが、より切なく、より渋い曲になってますね。
この曲の雰囲気に、4BLの音がよく合っていますね。
Posted by Hashi at 2009年06月26日 22:56
>せなりさま
はじめまして。
レコーディング自体は15曲いたしました。
ご存知の通り今回のアルバムには13曲収録です。
他2曲の行く末は私は存じ上げませんし、歌手の方の歌入れに関してはクライアントから依頼がありませんので私が口を挟む余地はございませんでした。
ご了承ください。


>Hashiさま
この4BoneLineという私以外のプレイヤーでこういったアレンジでトライしたからこそ、効果的なサウンドになったと思います。
つまりスタジオプレイヤーを4人集めてもこういうサウンドはしないと断言できると思います。
私以外がラージボアの楽器を使っているというのも大きな要因だと思います。


Posted by 村田陽一 at 2009年07月12日 01:10
初参加でしたが福岡のライブ楽しかったです。最期のお馴染みの曲?はバンドの息がピッタリ合っていて感動いたしました。
ところで私は浜松生まれなのですが、水戸から佐賀に小学生5年の時に転勤した際、佐賀が金管バンドが盛んでびっくりしました。私もそこでコルネットを演奏してました。中学の時もマーチングで九州大会に出たのでお土地がら金管バンドは盛んだとは思います。
追記:明菜さんの大ファンで村田様の演奏を聞いていて、2日目の福山さんのライブ(初参加)で、管楽器3人組に思わず出会い生演奏に釘付けでした。で、その翌日に12番のチケットを購入できたのですが、当日はすごく混雑してて早く行けばよかったとちょっぴり後悔しました。
Posted by もぐらの穴 at 2009年08月13日 00:07
>もぐらの穴様
SoidBrass@福岡Gates7にいらっしゃったのですね。
ありがとうございました。
今色んな意味でいい波に乗っています。
またこのタイミングで新しい波を自ら作る必要もあります。

今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by 村田陽一 at 2009年08月13日 13:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。